【炎上日報】「著名ゲームジャーナリストが世界的ゲーム下手だった」「吉田麻也は燃えているか?」

9/7の炎上まとめ記事まとめ。

ゲーム関連炎上は著名なゲームジャーナリストがとんでもない動画を公開した、という話。これは笑える良い炎上。

スポーツ関連炎上は日本代表・吉田麻也の炎上? 案件。結論から言えば炎上してないだろ、これ。
炎上を報じるJ-CASTニュースをテキストに、少し考えてみた。

海外の炎上はベッカムの息子ロメオくんが燃えているとする三文炎上です。

ゲーム関連炎上

【悲報】ゲームライターのプレイが下手すぎて世界的な炎上 「こんな奴がプロの肩書でレビューしてんのか」-暇人\(^o^)/速報

ゲームに造詣の深いテックジャーナリストのディーン・タカハシが、業界見本市のGamescomで高難度が話題を呼んでいる新作ゲーム『Cuphead』をプレイ。
その動画が公開されたのだが、これが信じられない程下手だった。。。

およそ四半世紀のキャリアを持つベテランにして、チュートリアルで躓く下手さ。
ウォールストリート・ジャーナル等にも寄稿し、X-BOXの内部事情を立ち上げからリポートしていたゲームジャーナリズムの大物とあって、キャンプファイヤー的に炎上してしまったようだ。

タカハシはゲームソフトの評論家ではなくゲームビジネスを取材対象とする書き手。
下手だからと言って記事の信憑性に響く訳でもないが、それにしてもどうしてここまで下手なんだ。

スポーツ関連炎上

【サッカー】 吉田麻也 「炎上」 させる日本ファンは民度低い? 「サウジおめでとう」 の賛否両論-にゅーす特報。

6日のサウジ戦で敗北したサッカー日本代表。
DF吉田麻也が試合後のインタビューで放ったサウジへの称賛の言葉が炎上し、スポーツマンシップに則った当たり前の発言に炎上とは何事か、と炎上に対して対抗炎上が生じているという話。

元記事は以下参照(魚拓はこちら

どこで炎上してるんだと炎上自体を疑問に思う声も既に上がっているが、なるほど記事を読むと、具体的な炎上箇所は曖昧にされている。

吉田の発言が大きな賛否を呼んだことは確かなようで、試合終了後の6日未明には、一時ツイッターのトレンド欄に吉田の名前が登場。また、6日夕時点で、ツイッターの検索欄に「吉田麻也」と入力すると、関連ワードの最上位に表示されるのは、「おめでとう」という言葉だった。

試合直後であれば「吉田」がトレンド入りするのはおかしな話ではない。
観戦していたサッカーファンが試合内容や日本代表の今後に関するツイートをする中で「吉田」に言及する事は想像に難くないが、それを以て「吉田の発言が大きな賛否を呼んだことは確か」と言えるだろうか?

また、「6日夕時点で、ツイッターの検索欄に「吉田麻也」と入力すると、関連ワードの最上位に表示されるのは、「おめでとう」という言葉」という一文も、何ら炎上を示すものではない。
たとえば次のツイートも「吉田麻也」と「おめでとう」の組み合わせである。

J-CASTの記事では吉田の発言が「ネット上のサッカーファンの間で物議」を呼んだとし、次のようなコメントを例示している。

「反省せずにインタビューでカッコつけるって、まじでなんなん…」
「はぁ?カードもらうし、抜かれるし、点入れられるし、イラついてるし。ホント残念」
「どんだけ上からなんだよ。吉田さん。まずは今日の反省しましょうよ」

これをツイッターで検索すると以下のツイートが確認できた。

前掲の反論ツイートとRT数を比較すれば一目瞭然。
主観的な部分もあるかもしれないが、普通、ここまで賛否の意見に量的な差がある状況を賛否両論とは表現しない。

少なくともJ-CASTニュースが報じる炎上は、はっきり存在しないと言って良いだろう。
燃やされたのは吉田ではない。義憤に駆られた人間が、ポロッと不満を漏しただけの少数のサポーターの、誇張された幻影を燃やしているのだ。

自分と異なる意見に恐慌を来して正義を錦の御旗に異論を封じようとするのだから、確かに日本のファンは民度が低い。

海外の炎上

ベッカムの次男(15)が炎上した理由が酷いwww-カナ速

ベッカムの息子ロメオの私服が中学生にしては高すぎるとして炎上? という話。
カナ速のまとめには元記事も詳細も書かれていなかったが、以下のような炎上案件らしい。

この記事によればデイリーメール発のニュースだそうです。
さもありなん、としか。