【炎上日報】「青汁サイトのステマ発覚」「トランペット奏者・日野皓正のビンタが賛否両論」等

8/31の炎上まとめ記事まとめ。

痛いニュースほかがまとめるのは作家・島田雅彦のツイート炎上。ミサイル関連炎上と言えば内容は読まなくても分かるだろう。

VIPワイドガイドの記事はステマ炎上ネタ。十年前の炎上事例と言われても驚かない古臭い炎上だ。。。

はちま起稿ほかがまとめた日野皓正ビンタ炎上は元スレの温度は低いが、ツイッターでは侃々諤々の議論が展開されている賛否両論案件。少し整理してみた。

最後にVIPワイドガイドが持ってきたスケートリンク炎上で、色々と濃厚だった今日の炎上で火の点いた心をクールダウンしたい。

スポンサードリンク

SNS関連炎上

作家・島田雅彦「PAC3に大金使うより、金正恩に金払って日本を射程から外してもらう方が安上がり」→大炎上-痛いニュース(ノ∀`)

作家・島田雅彦「PAC3に大金使うより正恩に金払って日本を射程から外してもらう方が安上がり」→大炎上-ソニック速報

作家・島田雅彦「PAC3に大金使うより正恩に金払って日本を射程から外してもらう方が安上がり」→大炎上-BIPブログ

作家・島田雅彦「PAC3に大金使うより正恩に金払って日本を射程から外してもらう方が安上がり」→大炎上-黒マッチョニュース

作家・島田雅彦「PAC3に大金使うより正恩に金払って日本を射程から外してもらう方が安上がり」→大炎上-まとめたニュース

ミサイル一発でどれだけ燃えるんだ。いい加減に打ち止めにして貰いたい。

28日のミサイル発射を受けて作家・島田雅彦(@SdaMhiko)が投下した以下のツイートが炎上した模様。

ただし実際にリプライを見ると揶揄する声が殆どで、炎上という印象はあまり無い。
ユーモアのつもりが少しも面白くなかった上に内容も捻りが無かった為にネタにされた、スベリツイート案件だろう。

ソニックと黒マッチョは当然の右寄りまとめ、煽り指数高し。痛いニュースとまとめたニュースは俯瞰、冷笑型の記事。
BIPブログは初めて見た。コンパクトにまとまって、ビジュアル的にも面白いまとめだ。

フード関連炎上

【炎上】某企業の社員インスタグラマーによる“ステマ”が判明…謝罪→サイト閉鎖へ(※画像あり)-VIPワイドガイド

今時あるのか、ステマ炎上。
ブログやSNS上でのステルスマーケティングが炎上の花形だったのは今や昔、ネット配信系炎上に統合される形ですっかり廃れたかと思ったが。

ステマが発覚したのはインターネットメディアの運営やSEOコンサルティング等の事業を行っている株式会社フライ

身分を隠してインスタグラムを運用、同社の運営する青汁ランキングサイト「いろはに青汁」に誘導していた同社社員が、ツイッターの鍵アカウントでその事に関する愚痴をツイートした。
これが拡散、2ちゃん等で炎上状態となって、現在は当該インスタグラムアカウント、ツイッターアカウント、「いろはに青汁」のサイトのいずれも閉鎖されたようだ。

なんと古典的な炎上の顛末。。。
なおVIPワイドの記事はこの話題には殆ど言及されないステマ雑談だった。

教育関連炎上

【動画】世界的トランペッターが中学生の髪を引っ張り往復ビンタを浴びせ炎上-ソニック速報

有名トランペット奏者・日野皓正氏が中学生をビンタして炎上! → 動画見たら怒られた中学生が酷すぎんだけど…-はちま起稿

世界的トランペッター・日野皓正さんが中学生の髪を引っ張り往復ビンタを浴びせ炎上-キニ速

教育関連炎上に分類したが、人によって受け取り方が異なる炎上だろう。

ジャズトランペッターの日野皓正が講師を務める「日野皓正 presents “Jazz for Kids”」は世田谷区教育委員会が主催する体験学習で、内容は公募で選ばれた中学生が四ヶ月のあいだ日野らの指導を受け、その成果をコンサートで発表するというもの。

先日開催されたそのコンサート中で体罰疑惑が持ち上がり、ネットは炎上状態に。
一心不乱にドラムを叩き続ける少年から日野がスティックを取り上げ、それでも素手で演奏を続けようとすると彼に、日野が往復ビンタを食らわせたのだ。

以下はその部分のみを抜粋した動画。

次の動画は7年前の同コンサートの模様。本来はこのような形らしいという事が分かるので、参考までに。

体罰として報道・炎上した案件だが、その後、当日コンサートを鑑賞したとする人間を中心としてメディアの報道姿勢や炎上に疑問を呈す声も上がっている。

証言の信憑性や客観性については判断しようがないが、少なくとも言えるのは、教育問題や社会問題の視座からの発言は概して日野に批判的であり、一方で音楽ファンや同業者を含めたジャズ・芸術の視座からの発言は日野に同情的か、肯定とも否定ともつかない微妙なニュアンスのものが比較的多いという事だ。

教育の観点からすれば、日野の指導は適切とは言えないか、もしくは未熟かもしれない。
しかし中学生楽団の晴れ舞台であるジャズコンサートというかなり特殊な状況を考えれば、やむなしとする声にもそれなりの理はあるはずだ。

ジャズ・トランペット奏者の日野皓正さんが往復ビンタ 中学生との演奏会で 世田谷区教委「行き過ぎた指導」 殴打された生徒は…-産経ニュースによれば当該生徒は自ら「しかられて当然」と発言しており、これを根拠に当事者間で問題は解決済みとする声もある。

しかし、生徒の発言がどのような文脈に沿ってのものかは不明であるし、マスメディアに報道されネットに拡散してしまった以上はもはや当事者間の問題ではあり得ないだろう。
容認するにしても否認するにしても、その判断は教育もしくは芸術に関するメッセージとして社会に影響を及ぼすからだ。

その意味ではマスコミ炎上でもあるのだから複雑だが、結局はどのような世界観・教育観・芸術観に立脚しているかによって論点が違う炎上であり、その点で否定派と肯定派が大きく食い違っている為、鎮火した後も最終的な解決を見る事なくこのまま平行線上で不毛な議論が続くのではないだろうか。

せいぜい次の歯切れの悪いツイート程度の事しか言い様がない、なかなか込み入った炎上のように思う。

なおこの件、ソニック速報のまとめが妙に客観的・公平な記事になっており草。

その他の炎上

【画像】このスケートリンクが「悪趣味すぎる」と炎上www-VIPワイドガイド

今日のネタ炎上枠です。
そのまま会社ごと潰れたの面白かったな、この炎上。